​代表取締役 清水 一仁

「現代の着物は日常にある〚衣装〛」

江戸時代から引き継がれている着物文化は時代の移り変わりとともに人々の生活に様々な形で寄り添ってきました。あさひやの前身となった呉服店の時代から、私たちは日本における着物文化を常にその時代に最も合った形でお客様にご提供しています。

私は、令和の時代における着物は日常の〚衣装〛だと考えています。舞台衣装はもちろん、お祭りの衣装、そして​成人式の晴れ着。必ずしも伝統的な着物の形をしていないものでも、令和の時代に合った形で着物の文化をしなやかに変化させて継承していきたいと考えています。また、あさひやがある横浜は海外からのお客様も多くお迎えするエリアです。

あさひやは現代のテクノロジーで日本伝統の着物文化を”KIMONO”として世界に発信していきます。

​​取締役・デザイナー 溝田 佳恵

「実用性とオリジナリティーを兼ね備えた舞台衣装を作る技術力を
様々なシーンに」

​現在のあさひやの事業の中でも特にユニークなものが演劇用の舞台衣装の制作です。

​舞台役者さんの衣装は一着一着がオーダーメイドのもの。あさひやは生地のデザイン、柄の染色から縫製までを自社で行い、世界に一着いかない衣装をおつくりしています。また、着目すべきはデザイン性だけでなく
短時間の衣装替えを可能にするため、マジックテープやファスナーを付けて着脱をするような着物を作ることも可能です。

 

私たちはこの技術を一般の着物にも使用することにより、より着物を様々なシーンで着ていただけるのではないかと考えています。結婚式やお出かけなど、着物が映えるシーンはたくさんあります。正式な作法や着付けなどにこだわり過ぎず、たくさんの方にもっと手軽にデザイン性と品質の優れた着物を着ていただきたいと思います。

正絹の伝統的な着物からポリエステルの着物まで、あさひやは様々なシーンに"KIMONO"をご提案します。

© 2019 Asahiya.Inc